保育士免許を取ったらすぐに登録!保育士の登録に必要な3つの書類

2016/04/24

保育士証を入手するには登録が必要

保育士養成学校を卒業したり、保育士試験に合格しても、登録をすませて保育士証をゲットしないと、保育士として働くことはできません。平成15年に児童福祉法という保育士に関係のある法律が改正されました。これによって、保育士資格証明書や保育士試験に合格しましたよという通知書を所持しているだけでは働けなくなってしまいました。ちょっとだけ面倒くさくなりましたが、一度登録をすませてしまえば全国どこででも働けるようになるので、早めにすませておきたいですよね。登録に必要な書類を紹介します。

登録に必要な書類を紹介

登録するには、「保育士登録申請書」「郵便振替払込受付証明書」「保育士になる資格を証明することができる書類の原本(コピーしたものは不可)」の3つが必要になります。保育士登録申請書は、取り寄せた保育士登録の手引に同封されているはずです。また、郵便振替払込受付証明書は登録手数料を郵便局で支払ったことを証明する書類なので、郵便局でお金を支払った後にもらった書類はすべて捨てずにとっておきましょう。三番目の書類は、保育士資格証明書や保育士試験の合格通知書、養成課程修了証明書などのことです。

登録完了までけっこう時間がかかる

上記3つの書類を全部そろえて申し込みをしても、すぐに登録が完了して保育士証が発行されるわけではありません。登録が完了して保育士証が自宅に郵送されてくるまで、だいたい2ヶ月くらいの時間がかかってしまいます。そのため、すぐに働きたいという場合は間に合わなくなってしまう可能性があります。一日でも早く保育士としてバリバリ働きたい場合は、資格を取得したらすぐに登録の手引を取り寄せて、手続きをすませておくといいですね。

今ではお手軽に保育士の求人もネットで探せるので自分にあった求人サイトを見つけることが適合した求人を見つける近道かもしれません。

/